Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

古賀紗理那の高校時代&プロフィールまとめ!エースアタッカーの最高到達点に驚愕!

FIVBワールドカップバレーボール2019開催に向けて、古賀紗理那選手が話題になっています!

若干19歳の時から優秀な成績を残し次世代のエースと言われ、注目されてきた古賀紗理那選手は、そのかわいいルックスと天然要素もある、明るい性格で、日本女子バレーの人気選手です。

今回はそんな古賀紗理那選手の高校時代や、エピソードについてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク




古賀紗理那の高校時代&プロフィールまとめ!

 

それでは早速ご紹介していきます!

小学2年生の時から、母親の影響でバレーを始めた古賀紗理那選手。

中学生の時にはすでに、全日本中学のバレー選手権で優秀選手に選出されるなど、早くも中学生の時から才能が開花し始めます。

中学時代の活躍から、全国の高校からオファーが殺到したようですね。

母親の影響でバレーを始めたようですが、お母さんは中学、高校とバレーに取り組んできましたが、掘るこうバレーに出場することはできなかったみたいですね。

そのため娘が生まれたらバレーをやらせたい、という思いを持っていたようです。

幼少期にスポーツを始めるケースでは、家族の影響から始める方がほとんどですね!

柔道・大野将平は結婚してる?身長&すごい筋肉まとめと理想の結婚相手も!

古賀紗理那選手は、現在でもプレーのアドバイスをお母さんから貰うようで、非常に強い信頼関係で結ばれていることがわかりますね。

 

数多くのオファーから、姉の通う春高バレーの強豪校の熊本信愛女学院高校に進学することに決めた古賀選手。

高校時代となると早速、2012年のアジアユース選手権に出場し、日本の連覇に貢献しながら、大会MVPを獲得します。

古賀紗理那選手は高校時代に、とても活躍していたことと、さらには身長がすでに180cmもあったこと、またかわいいキャラクターからとても人気があったようです。

その人気っぷりはすごく、文化祭の時にはサインを求めて長蛇の列ができました。

またさらにはオープンスクールでは、古賀紗理那選手のサインが、なんと景品にされたようです。

これはもう普通の高校生ではないですよね!

もはや芸能人といってもおかしくないくらいの人気っぷりです。

高校時代といえば、まだまだ精神的に未熟で、不安定な時期。

そんな時期にこれだけチヤホヤされてしまうと、普通の高校生であれば、勘違いして変な方向にいってしまうと思います。

しかしそこはさすが古賀紗理那選手、ひたむきにバレーに取り組み続けます。

 

古賀紗理那高校時代にはキャプテンへを経験!

古賀紗理那、高校時代にはキャプテンへを経験!

 

高校時代にバレー選手として活躍し、芸能人ばりの人気者になった古賀紗理那選手。

そんな古賀選手は、高校2年生の時にキャップテンへ指名されます。

どちらかというと天然要素もある、明るいキャラクターであり、人をまとめていくことが苦手だった古賀紗理那さんは、キャプテンの役割に戸惑います。

全日本の試合への招集により、チームを離れることもあり、さらには、全日本でのレベルの高いチームでプレイしたことにより、高校のチームメイトのレベルに対して不満が出てきました。

そしてその不満がチームメイトに伝わってしまい、チームは空中分解のような状態となってしまいました。

僕も学生時代に野球をしていて、小学校、中学校とキャプテンをさせてもらいましたが、結構大変なんですよね。

性格的に向いているかどうかという点もとても大切だと思います。

恐らくその時の古賀紗理那選手にとっては、苦手意識も強かったのではないかと思います。

 

しかし、そこで諦めてしまう古賀選手ではありません。

高校のチームに集中したいということで、一時期、日本代表の招集を断ります。

さらに先輩の力を借りながら、チームの一致団結を促進していきます。

次第にチームは古賀紗理那選手を中心に一致団結し、チームとして機能するようになります。

 

普通の人であれば、挫折して諦めてしまいそうな状況を、好転させていく古賀紗理那選手の根底には、負けず嫌いがあります。

誰よりも古賀選手のことをよく知る父親が
「よく深いほどの負けず嫌い」
と語るほどの負けず嫌いです。

小学校時代には、試合の際に地元の強豪チームに完封負けをしてしまうことがありました。

普通であれば、泣く、悔しがるというところ位ですが古賀紗理那選手はなんと、その対戦相手のチームに入団してしまいます。

負けず嫌いであることが古賀選手の一番の武器かもしれませんね!

スポンサーリンク




古賀紗理那のエースアタッカーの最高到達点に驚愕!

 

そんな古賀選手のプレーの凄さを表す数字の一つに最高到達点が挙げられます。

身長は180cmで手をまっすぐ伸ばした状態で、235cm。

そして最高到達点はなんと305cmになるそうです。

女子バレーのネットは224cmなので70cm近く、ネットの上からアタックをできるということになりますね。

さらにいうと高校のバスケットボールのゴールの高さから、アタックができるということになりますね!

しかし最高到達点の高さだけでいえば、世界で見るとイタリアのパオラ・エゴヌ選手
が336cmであるように、さらに上をいく選手がたくさんいます。

古賀紗理那選手の305cmでも驚愕すべき高さなのですが、まさに世界の壁は高いですね!

それに対して、体勢を崩してもスパイクが打てることや、スピード攻撃、移動攻撃もそつなくこなすなど総合力で、世界と互角に戦っています。

現在、23歳と年齢もまだまだ若いことから、これからも多くのことを吸収して、成長しながら活躍されることと思いますので、応援していきたいと思います!

この記事が少しでもお役に立てましたらシェアしていただけますと嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

関連記事



コメント