Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

玉井陸斗の経歴は?12歳の鋼の筋肉、身長、両親を徹底調査!

中学1年の玉井陸斗選手が、2019年4月21日に開催された、飛び込みの日本室内選手権の男子高飛び込みで何と史上最年少の優勝を果たしました。

この大会で玉井陸斗選手は高難度の技を次々決め、他選手を圧倒しまいた。

この大会は国際大会代表選考を兼ねており、玉井陸斗選手は日本水連の定める選考基準を突破し、2020年のW杯に照準を合わせています。

玉井陸斗選手は、突如として現れた新星のような印象を持つ方もいるかもしれませんが、実は2017年の大会では既に周囲の選手とは、段違いの実力を見せ、圧倒するような存在でした。さらに基礎練習にとても熱心で、積み重ねた努力が今回身を結ぶ結果となりました。

今回はそんな玉井陸斗選手の経歴鋼の筋肉両親について徹底調査いたしましたので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



高飛び込みとはどんな競技?

高飛び込みは弾力のないコンクリートでできた飛び込み台から、水面に飛び込むという、その長さは2秒弱と競技結果が出るのが最も短い競技です。水しぶきを上げない入水がポイントでこれをノースプラッシュと呼び、評価点が高いです。また唇を弾くような音だけがする入水方法をリップクリーンエントリーといい、これが最高の入水方法となります。

要は飛び込み台から、着水するまでの2秒弱の空中で、ひねったり、回転したり演技を繰り広げ、そして静かに入水するという競技で、重力の中での一瞬の美しさを競う、シンプルではありながらも、空中でいかに美しい演技をするか、高所からの飛び込みへの恐怖を克服するかという、難易度の高い競技ですね。

現在では中国が育成に力を入れていることもあり、非常に強く、北京オリンピックでは8種目中、7種目金メダルを獲得するなど、世界最強となっています。

 

玉井陸斗選手のプロフィールと経歴、エピソード

玉井陸斗選手のプロフィールと経歴、エピソード

出典:https://www.jiji.com/jc/p?id=20190421174318-0031231387

プロフィール

  • 名前:玉井陸斗(たまいりくと)
  • 生年月日:2006年9月11日
  • 年齢:12歳
  • 身長:143cm
  • 体重:36kg
  • 学年:中学1年生
  • 所属クラブ:JSS宝塚
  • 好きな食べ物:牛タンの焼肉
  • チャームポイント:つぶらな瞳

経歴

何と3歳の頃からJSS宝塚で競泳を始めます。小学一年生の頃には飛び込みを始め、今年4月に高司中学校に入学しました。驚くことに3月までは小学生だったんですね。

JSS宝塚とは「水泳を通じて教育を」をモットーにスイミングスクールを経営する企業、スイミングスクール、テニススクールおよびフィットネスなどスポーツクラブの企画、経営並びに運営管理などを行う株式会社ジェイエスエスの運営するクラブです。

スポンサーリンク



 

玉井陸斗の出身地

兵庫県宝塚市生まれです、2019年の4月から宝塚市立高司中学校に通っています。

 

玉井陸斗選手の筋肉がすごい

玉井陸斗の筋肉がすごい

基本的なトレーニングを特に重点的に行なっている玉井陸斗選手ということもあり、若干12歳、体重36kgでありながらもとても見事な筋肉の持ち主で、その努力に頭がさがる思いです。

2秒弱の短い時間での美しい演技には、必要な筋肉で、体も美しくなければいけませんよね。

★プロ野球のモテモテマッチョの関連記事

吉田正尚はモテモテマッチョ!?2019年はタイトル総ナメへ!
プロ4年目となる25歳の吉田正尚さんは、4番打者、オリックスバファローズの主軸として、活躍されています。今回は、オリックスバファローズの若き主砲の吉田正尚選手の、モテモテマッチョ説やマッチョ嫁について、徹底調査いたしましたので、ご紹介したいと思います。

 

夢は五輪でメダル獲得!

今年7月の世界選手権には玉井陸斗選手は「競技会開催年の12月31日に14歳未満の選手は派遣できない」との国際水連の規定があり年齢制限により出場することはできません。本人もとても悔しいかもしれませんが、2020年の東京オリンピックでは、この規定をクリアすることができますので、うまくいけば、出場することができます。本人も「必ず五輪でメダルを取りたい」と話している通り、意欲十分です。

2020年の東京オリンピックでは、大活躍する玉井陸斗選手が見られるかもしれませんね!

今回の大会では、4月に中学生になったばかりの12歳の玉井陸斗選手が、出場選手中で最高の91・80点で最年少優勝を飾りました。しかもこの点数は国際主要大会8位がめどの463点を上回っています。本当に末恐ろしい少年です。嬉し涙を流す姿も、とても素朴な印象で、おじさんも涙ぐんでしまいました!同じJSS宝塚で練習する五輪5大会出場の寺内選手も「玉井陸斗選手は、強い中国人選手に勝てる」と太鼓判を押しています。

★オリンピックを目指す関連記事

水谷隼のレーシック手術は成功?サングラスをかけている理由は?
人気の非常に高い水谷隼選手ですが、レーシック手術は成功?だとか、室内競技でサングラスをなぜかけているのか?とか様々な噂もあるようです。今回はそんな水谷隼選手のレーシック、サングラスなどについて徹底調査いたしましたので紹介したいと思います。

 

玉井陸斗さんの両親は?

徹底調査しましたが玉井陸斗選手のご両親の情報が残念ながら、出てきませんでしたので、引き続き調査いたします。情報が出次第、追記します。情報が出てこないところからすると、おそらく有名な水泳選手ではないのではないかと思います。

またJSS宝塚は特別なスクールではなく、一般の方でも通うことのできる場所なので、もしかすると、習い事の一環で始めた飛び込みの可能性もあります。習い事で始めたとしたら、こんな結果を残したらご両親は大喜びですね!

まとめ:玉井陸斗の出身はどこ?飛び込み日本選手権優勝選手の身長、両親を徹底調査!

今回は玉井陸斗選手についてご紹介してきました。

2020年、東京オリンピックに向けてのまたまた嬉しいニュースターの誕生ですね。屈託のない笑顔がキラキラしていて、素敵で応援したくなりますね!

これからトレーニングを始め、様々な壁が立ちはだかる可能性がありますが、ぜひ夢である「五輪で金メダル」を叶えていただきたいと思います。

これからの玉井陸斗選手の飛躍に注目していきたいと思います。

今回の記事が少しでも参考になりましたらシェアしていただけると嬉しいです。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

関連記事



コメント