Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Apple IDを確認してくださいは迷惑メール!しつこいメールに注意!

[お知らせ] Apple IDがロックされています。あなたの最近のアクセスアカウントにいくつか問題がありました。 迷惑メール

公式Appleを装う迷惑メールが継続して送られて来ています。本日「Apple IDを確認してください」というメールが送られて来ました。

日本のスマートフォンを持っている人の中でもiPhoneを持っている人は2017年で全体の68%ということですので、多くの方がこの迷惑メールのターゲットとなるわけですので、注意が必要です!

またApple IDをターゲットした迷惑メールは非常に多い印象ですが、Googleアカウントをターゲットにしたものは見たことがありません。

おそらくiPhoneは優れた直感的なインターフェースからあまり詳しくない方も使用しやすい端末で、狙われているのかもしれません。

このようなメールが届いた場合はとにかくクリックをしないことが大切です。冷静に判断しましょう。公式Appleとしてもこのような迷惑メールへのアナウンスは行なっておりますが日々進化するスパム全てに対応するのは難しいことだと思いますので、ユーザーがある程度知識をつけることが大切です。

このタイプの迷惑メールの被害がゼロになるように、実際にフィッシングメールに引っかかってみましたので、今回はApple公式メールを装った迷惑メール「Apple IDを確認してください」の中身を詳しく見ていきましょう。

迷惑メール「Apple IDを確認してください」の内容

Apple IDを確認してくださいの内容

差出人のアドレス

66mego7kde@apple.ne.jp 

このメールアドレス「66mego7kde@apple.ne.jp」は絶対にApple公式のものではありません。ドメインにapple.ne.jpを入れ、公式からのメールであることを装う悪質なスパムメールです。

そもそも差出人のメールアドレスは、送信側のやり方次第でなんとでも偽装することが可能ですので差出人のメールアドレスで公式のものかどうかを判断するのは絶対にやめておいたほうがいいです。

宛先

宛先には僕自身のメールアドレスがきちんと記入されてあります。どこで流出してしまったのでしょうか。

 

メールアドレスが流出したかどうか調べる方法

自分の使用しているメールアドレスが流出しているのかどうかを調べる方法は以下のサイトで調べることができます。

Have I been pwned?

Apple IDを確認してください2

ちなみに僕が普段使用しているメールアドレスを入力して見ると

Apple IDを確認してください3

どうやらこちらのメールアドレスやはり流出しているようです。とりあえずメールアドレスを登録しているサイトのパスワードを変更しました。もしこちらのサイトで調べて見て流出していることがわかりましたらパスワードの変更をお勧めいたします。

迷惑メールが頻繁に届くようになったと感じる方は是非調べたほうがいいと思います。

件名

Apple IDを確認してください

調べてみると同じ件名の迷惑メールが結構出回っているようですね。相当数の迷惑メールを送信されていることが予想されます。

本文

Apple サポート

親愛なる顧客
Apple IDがロックされています。

 

別のデバイスからApple IDで無効なログイン試行が検出されました。
今日あなたの身元を確認してください。 Appleのコミュニティの安全と完全性について懸念があるため、アカウントはロックされています。

Apple IDを確認するには、次のリンクをクリックしてください:
(Apple確認)
Copyright © 2018 Apple Inc.
All rights reserved.
Terms of Use | Privacy Policy | Sales and Refunds | Legal | Site Map

上記本文内の「次のリンクをクリックしてください」の下の画像がフィッシングサイトへのリンクとなっています。

文中の日本語も怪しい感じはしますが特別おかしいわけではないので、迷惑メールかどうかの判断が難しいかもしれません。

 

フィッシングにひっかかっていけるとこまでいってみた

今回はApple公式を装う迷惑メール「Apple IDを確認してください」に実際に引っかかってみましたので詳細をご紹介いたします。

差出人のメールアドレスでログイン!

Apple IDを確認してくださいをクリック1

Apple IDを確認してくださいをクリック2

フィッシングサイトへのリンクボタンをクリックしますと、上に添付のページへ飛びますので、差出人のメールアドレスと、でたらめなパスワードでログインを試みました。

Apple IDを確認してくださいをクリック3

無事にログインできたようで、「このApple IDはセキュリティ保護のためロックされています」というアラートが表示されましたので、アカウントのロック解除をクリックしてみます。

Apple IDを確認してくださいをクリック4

Apple IDを確認してくださいをクリック5

個人情報や、クレジットカード情報を入力する画面になりました。ここで入力するととんでも無いことになりますのでここで幕引きとしました。

Apple IDを不正利用されないために

公式のAppleサポートのコミニュティに利用者より寄せられた

Apple IDの不正防止の方法が寄せられています。

 

  • 強固なパスワードを設定する
  • Apple IDに2ファクタ認証を設定する あるいは、2ステップ確認を設定する
  • 複数のサーピスに対して、同じIDや同じパスワードを使わない
  • クレジットカードの代わりに専用のプリペードカード(iTunes Card)を使って購入する
  • 小額をiTunesクレジットに入れておき、購入に不足する場合にのみ、クレジットカードで決済する
  • クレジットカードの情報はサーバーに保存しない
  • 決済をする端末を限定する
  • iTunes StoreやMac App Storeも必要が無いときは、サインアウトする
  • メールの問い合わせなどに応じて不用意にIDやパスワードを入力しない
  • 怪しいサイト・ソフトウェアは利用しない
  • セキュリティーソフト、アンチウイルスソフトを使用する

 

またリンク先にサイトについてはhttp://store.apple.com/jp や iforgot.apple.com のように「apple.com」が入っています (ただし、iCloud.com は例外)のでサイト先のURLで確認することもできます。今回のスパムメールの場合はリンク先URLが「https://eyegeorgetown.com/.htpasswds/JP01/bb/Login.php?sslchannel=true&sessionid=9E1p0Myv1xDLk4wlQY8XwbKVspSbZPr9usyve71gEE2ZJykzxsx4EhZ7HRiHHJQcbpHqwIGanI96htGP」となっており「apple.com」が入っていませんでした。

フィシングサイトに個人情報を入力してしまった場合

フィッシング対策協議会では今回のような迷惑メールおよびフィッシングサイトにて誤って個人情報を入力してしまった場合その対処方法を以下のように記載しております。

 

情報を詐取された疑いを持ったサービスを

提供している事業者(クレジットカード会社など)に

フィッシング詐欺被害があることを伝え

指示によっては暗証番号の変更やカードの再発行

ショッピングサイトやプロバイダのIDおよびパスワードの変更を行う。

金銭的な被害など、実質的な被害が確認された場合には

被害者の居住する地区の都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口へ連絡する。

国民生活センターまたは各地の消費生活センターに相談する。

などの対策を推奨しています。

特にクレジットカードの情報を入力してしまった場合は

すぐにクレジットカード会社に相談してください。

またクレジットカードを不正利用されるなど

実際に被害を受けてしまった場合は、

すぐに各都道府県警察のサイバー犯罪相談窓口へ連絡してください。

 

迷惑メール「Apple IDを確認してください」の2つのねらい

この迷惑のねらいはおそらく2つです。1つ目はおそらくソフトで生成したランダムなメールアドレスなどに無作為にメールを送信して反応のあったメールアドレスが生きているメールアドレスということで収集し販売、それをお金に変えること。その証拠に、僕は実験的に様々な迷惑メールをクリックしてみているのですが日に日に届く迷惑メールの数が増えてきています。

2つ目はクレジットカードもしくは、住所、名前、生年月日、電話番号などの個人情報を入手し悪用もしくは、不正利用をすること。おそらこの二つが狙いではないかと考えられます。

迷惑メールだとわかるポイント

リンク先のURL

今回のスパムメール「Apple IDを確認してください」では公式サイトでアナウンスのあるようにリンク先のサイトURLに「apple.com」が入っていませんでした。

これが迷惑メールであることがわかったポイントです。

迷惑メール Apple IDを確認してくださいと共有しよう!

特に年配の方、お子様は注意!

最近では、小学生ですでにスマートフォンを持ち始めているという子がいます。またシンプルフォンなどの普及もあり、年配の方でもたくさんの方がスマートフォンを所持しています。こういった方は驚くほど無警戒で迷惑メールの格好のターゲットとされています。現に僕の母も何の疑いもなく迷惑メールをクリックしてしまったことがあります。こういった被害を減らすためにも、迷惑メールの情報はお子様や、年配の方と共有し注意喚起をしていきましょう。

僕自身が3人の子どもを持ち、これからスマートフォンを持たせようとしているところでしたがこういった迷惑メールの脅威がありますので、Eメールのできないキッズケータイの存在を知りそのキッズケータイにしました。

TwitterなどのSNSで拡散さfれていらっしゃる方も多いですが、その一手間で防げる場合もございますので、ぜひ拡散をお願いいたします。

まとめ

親戚が同様の迷惑メールの被害に

少し前の話ですが僕の親戚がAppleではなくYahooを装った迷惑メールのフィッシングサイトにて個人情報やクレジットカード情報を入力してしまい実際に迷惑メールの被害に遭いました。

なぜもっと早く忠告できなかったのか後悔しても後悔しきれません。

 

迷惑メールの被害を少しでも減らすために

迷惑メールは形式や文面など日々進化してきています。手口が日々巧妙になっていきますので受け手側も知識をつけて対策を行っていく必要があります。スマートフォンは非常に便利な道具ですがリスクも付きまといます。

おそらく今回の迷惑メールApple IDを確認してくださいが届いてこのページにたどり着いた方はご自身で情報を収集し迷惑メールから身を守ることができる方だと思いますがそれが難しいと思われるご家族の方などにも一声かけてあげるなど迷惑メールの被害を一つでも減らすことができたら幸いです。

この記事が少しでもお役に立てましたらシェアしていただけますと嬉しいです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事



 

 

コメント