Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

α6400には手ぶれ補正がない!!α6500と比較、どっちがいい?

α6400には手ぶれ補正がない!!α6500とどっちがいい? SONY

2019年1月16日にソニーはAPS-Cセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「α6400」を正式に発表しました。

これまでソニーは、他社に先駆けフルサイズミラーレスカメラαシリーズを展開し、2018年にはキャノン、ニコンと発売が相次ぎましたが、依然として販売シェアは1位を獲得しています。

発売されるα6400では、フルサイズミラーレスカメラに注ぎ込まれた最新技術を小型ボディに凝縮したとのことで、その出来栄えに注目が集まっています。

しかしながらα6400には手振れ補正機能が搭載されていません。これにより手振れ補正機能を搭載したα6500と悩まれる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回はα6400の購入を検討されている方で、手振れ補正機能が原因で悩んでいる方もいらっしゃると思いますので手振れ補正機能について徹底調査してみました!

 

α6300 レビュー【作例付き】2年使用して分かった、9の良いところと4のよくないところ
α6300について、実際に使ってみてココが良いな!と感じた点と良くないな!と感じた点を個人的にレビューしてみます。発売から3年近く経つα6300は、α6400の発売により値段下がり選択肢に入ると思いますのでこのレビューを参考にしていただければ嬉しいです!
ソニーα6400とα6000、α6300、α6500はどう違う?徹底比較!
今回はそのα6400とα6000、α6300、α6500を徹底比較したいと思います。購入を検討されている方は、この選択肢に入ると思いますのでこのレビューを4台が選択肢に入ると思いますので比較の参考にしていただければ嬉しいです!
ソニーα6400を買ったら使いたい、3つのお勧めレンズ!
もうすでにメインの被写体が決まっている方は、キットレンズを使わないことが考えられます。この記事では自分の子供や、旅行、お出かけでの記録を中心に撮影している僕が、オススメのレンズをご紹介しますのでα6400を検討されている方は、オススメのレンズも参考にしていただければ幸いです!

 

 

スポンサーリンク



α6400には手振れ補正機能はなし!

α6400が正式発表

2019年1月16日にα6400が正式に発表されました。α6400α6300をベースに、自撮りに対応し、AF性能や画質などを改善したモデルのようです。
世界最速0.02秒のAFを実現するAPS-Cセンサー搭載したことに加えて「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」など高精度・高追従AFと高画質性能を小型軽量ボディに凝縮したモデルとなっています。

主な特徴

  • α7、α9などの最新技術継承した、高速・高精度・高追従AF性能
  • α7、α9などの最新世代の画像処理技術を搭載
  • 動画のAFも強化、多彩な動画機能
  • タッチパネルと180度稼働の液晶モニターで自撮りOK
  • カスタムキーが充実、マグネシウムボディで堅牢性の高いボディ
  • 動画連続撮影の30分制限なし

個人的にはAFまわりの進化が気になりますね。特に瞳AFの「検出精度・速度が向上したリアルタイム瞳AF」が凄すぎて感心してしまうのですが、僕の使用しているα6300α7R2の瞳AFとは別次元のものになっていますね。

180度可能の液晶タッチモデルと、動画の連続撮影30分制限なしというところがビデオブロガーには扱いやすいモデルとなっていますね。

ボディ内手振れ補正機能は非搭載!

今回発表されたα6400 にボディ内手振れ補正機能は搭載されてません。

α6300の次モデルということや、これを搭載してしまうとα6500よりも上位機種になってしまいますね。

α6500には手振れ補正機能搭載!

α6500には手振れ補正機能搭載

2016年10月28日に発表された、α6500には手振れ補正機能が搭載されています。

光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構をAPS-Cセンサー搭載のEマウントカメラ用に新開発。

α6300同等のボディサイズを維持したまま手ブレ補正ユニットを搭載。
焦点距離が長くなるほど起こりやすい角度ブレ、マクロ撮影時など撮影倍率が大きくなるにしたがって顕著に表れるシフトブレ、夜景撮影時や動画撮影時などに目立つ回転ブレなどを高精度に検出し補正してくれます。

新しい高精度ジャイロセンサーも搭載し、5.0段分の手ブレ補正効果を実現しています。
また、動画撮影時でも5軸で手ブレを高精度に補正します。

α6400手振れ補正 ボディサイズの違い

手振れ補正機能の有無にかかわらず、ボディサイズもほぼほぼ同じサイズですね。逆に手振れ補正機能を搭載していないα6400の方が若干大きいサイズですね。

スポンサーリンク



 

ボディ内手振れ補正機能は必要なのか

手振れ補正機能は必要?

個人的にはボディ内手ぶれ補正は、シャッタースピード上げられない動画撮影時に機能する為に使用します。

動画撮影の時にはシャッタースピードは1/60かもしくは1/30で撮影しないと不自然な映像になってしまいますから、シャッタースピードを上げることができません。

手持ちで写真撮影する時は、シャッタースピードをあげればいいわけですから、写真撮影をする際にあまり手振れ補正機能を意識したことはありません。

しかし写真撮影であっても、望遠で写真撮影をする際や、三脚の使用できない場面では、手振れ補正機能は非常に重宝する機能だと思います。

レンズの手振れ補正で十分では?ということも考えられますが、ソニーでは確かにAPS-C用のレンズはレンズ内手振れ補正機能を搭載しているものも多いですが、そのために使用するレンズが制限されるのはちょっと疑問です。

また上記の動画を見ると、ジンバルを使用して動画を撮影する際にも、手振れ補正機能はとても有効なのがわかりますね。ジンバル使用時にも、細かい揺れがどうしても映像に出てしまっています。

手振れ補正機能を使用することで、とてもなめらかな映像になっていますね。

上記から個人的に、写真撮影メイン、動画撮影メインどちらであっても、手振れ補正機能はついていた方がいいと思いました。

α6500のボディ内手ぶれ補正機能は?

α6500の手振れ補正機能は、光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構でAPS-Cセンサー搭載のEマウントカメラ用に新開発されたものということですが、検証動画を見ながら詳細を見ていきましょう。

実機を触り実写してみた感じでは、しっかりときいておりとても有効だと感じましたが、動画撮影時には、止まって両手で固定した状態では十分かもしれませんが、歩きながら「ジンバルなしで動画撮影も行える」というレベルではないことがわかりますね。

α6500の手ぶれ補正機能と、ジンバルを使用することで、とてもなめらかな映像を撮影できていますね。

α6400とα6500の価格差は?(2019年2月現在時点、価格ドットコム調べ)

機種名ボディ単体価格パワーズームキット価格
α650096,572円なし
α6400106,863円116,523円

現在α6400はボディ単体で15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっているため実質91,863円で購入できるようですが、ほぼほぼ同じくらいの値段でどちらも購入することができるようですね。

現段階ではα6400?α6500どっちがいい?僕が買うならα6500

どちらにもアドバンテージがあって、最新の優れたAF機能とチルト液晶を優先するならα6400、手ぶれ補正機能を優先するならα6500という感じでしょうか。

僕が買うならAF周りはとても魅力的ではありますが、ジンバルと動画も楽しみたいので手ぶれ補正機能のついているα6500を選びます。

また今持っているレンズがレンズ内手ぶれ補正機能が搭載されていないものが多いことも要因です。

【まとめ】α6400には手ぶれ補正がない!!α6500とどっちがいい?

僕が買うとすれば、どちらにしようという観点でα6400とα6500について徹底調査してみました。

やはり、ジンバルを使用して動画撮影をするということを考えると、僕が買うのはα6500です。

最新の優れたAF機能とチルト液晶が魅力的だと考えられる方はα6400だと思います。

しかしソニーのα6000シリーズは、フラッグシップ機と銘打って大々的に販売したα6300でしたが、その後7ヶ月後にはさらに上位機種であるα6500を販売し、ネットがざわつくといったことがありました。

しかも現在ちらほらとα6700、α7000といった、α6500の後継機の噂がちらほらと出てきていますので、近いうちに発表される可能性がありますので、もう少し待ってみて様子を見るというのも一つではないかと思います。

それぞれ価格は大きく違いませんが、性格が少しずつ異なっていますので、皆様もご自身の用途に合わせてご自身にベストなカメラを選んでみてください。

今回の記事が少しでも参考になりましたらシェアしていただけると嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

関連記事



コメント